助成金支給額とコンサルティング費用

/助成金支給額とコンサルティング費用
助成金支給額とコンサルティング費用 2017-11-29T16:10:16+00:00

お知らせ

「キャリア形成促進助成金」の名称が「人材開発支援助成金」へと変更になりました。(平成29年4月1日~平成30年3月31日まで)

内容はほとんど変更はありませんが、キャリアコンサルタント制度は3年目に入ります。来年度は変更や廃止になる可能性もあります。導入予定の方はいますぐ開始してくださいね。

制度の組み合わせと、助成金受給可能な金額です。

A.セルフ・キャリアドック制度
人材開発支援助成金
制度導入助成/50万円
B.職場定着支援助成金 制度の導入/10万円
更に1年後人が定着された場合/57万円
C.セルフ・キャリアドック制度 +
職場定着支援助成金
制度の導入/60万円
更に1年後人が定着された場合/57万円

 

制度導入のカウンセリング、キャリアコンサルティング費用

A「セルフ・キャリアドック制度」ご利用の場合

制度導入した場合の助成金は 50万円が支給されます。
コンサルティングなどの費用は以下の通りです。

カウンセリング及び制度導入
(事業内職業能力開発計画書作成のためのカウンセリング、書類作成などのご相談)
※書類作成や申請は、ご自身で行っていただきます。
54,000円
コンサルティング費用 54,000円

雇用保険加入者1人の例:交通費は別途
50万 – (108,000 )= お手元に残る金額:392,000円

 

B「職場定着支援助成金(メンター制度)」ご利用の場合

制度導入 10万円 支給されます。
更に1年後人が定着された場合 57万円

コンサルティングなどの費用は以下の通りです。

キャリア・コンサルティング費用(1年契約)
助成金申請に関するコンサルト
1社54,000円
メンター制度
(事業内職業能力開発計画書作成のためのカウンセリング、書類作成などのご相談)
※書類作成や申請は、ご自身で行っていただきます。
1社32,400円
カウンセリング及び制度導入のお手伝い
(事業内職業能力開発計画書作成のためのカウンセリング、書類作成などのご相談)
※書類作成や申請は、ご自身で行っていただきます。
54,000円(約2日)

雇用保険加入者1人の例:交通費は別途
67万 – ( 54,000 +32,400+54,000 )= お手元に残る金額:527,000円

(健康づくりの制度も同時におすすめします)

※申請書類に関するお手伝いは行いますが、申請手続きはご自身で行っていただきます。
社会労務士に代わるものではありません。

この制度をうまく活用し、宮原朱見のキャリア・コンサルティングを受けてみてください。
「最初は漠然としていたけれど、受けて良かった」「従業員の意識の変化が顔に表れている」と、たくさんのお声を頂いております。
働く人を元気にして、業績アップを目指しましょう。
助成金の認知度が上がってきており、ご依頼も増えてきています。
お早めにご依頼ください。

=ご相談・ご依頼フォーム=

セルフ・キャリアドック制度を活用した社内人材育成へのお申し込みは、こちらの申し込み書に必要事項を入力し、
お申し込みフォームに添付書類として送信してください。

お名前 (必須)

会社名

メールアドレス (必須)

電話番号

題名

メッセージ本文

申し込み書(PDFファイル)はこちらに添付してください。